の外形寸法・重量及び内容量が規程通りかどうかどうかを実測します。

試験の様子を画像でご覧頂けます。 
危険物保安技術協会(KHK)とは、
危険物等の保安の確保を図ることを目的とする消防法に基づく我が国唯一の認可法人です。公正・中立的な立場で、危険物を入れる携行缶や外タンク貯蔵所に係る技術的な審査、危険物等の貯蔵・取り扱い又は運搬の安全に関する試験、調査及び技術援助等を実施しています。
※検査に使用するKS-10・20Zには、塗装を施しておりません。
缶内に規定重量の水を入れ1.2mの高さから、落下させ5分以内における漏洩を検査します。

試験の様子を動画と画像でご覧頂けます。
缶内部に空気圧50Kpaの負荷をかけて1分間水没させて漏れが無いかどうかを確認します。

試験の様子を動画と画像でご覧頂けます。
缶内部に水圧250Kpaの負荷を5分間かけ、この時内部より漏れが無いかどうかを検査します。

試験の様子を画像でご覧頂けます。
携行缶を高さ3mに積み重ねた時の全重量分の荷重を24時間負荷し漏れ等が無いか検査します。

試験の様子を画像でご覧頂けます。